自律神経

「自律神経失調症」という言葉は、よく聞くと思いますが、実際に「自律神経」とは、どういったものなのかは、ご存じでしょうか?
ここでは、「自律神経」について、できるだけわかりやすく、お話ししたいと思います。

自律神経とは・・・?

自律神経の役割

 「自律神経」は「交感神経」と「副交感神経」の二つに分類されます。
この二つの神経によって、カラダの様々な機能の調節をしたり、バランスを取ったりしています。
 この「自律神経」は、ほぼ「不随意運動」と言って、人間が意識しなくても勝手に機能してくれる神経となっています。(対称に「腕を曲げる」という行為は、「随意運動」と言って、曲げようと意識して、曲げる動作をするなどが「随意運動」となります。)
 実際に不随意で起こることとはどういったことがあるかいくつか例を見ていきましょう。
代表的なものとしては、「血圧」「脈拍」「瞳孔開閉」「消化活動」「免疫機能」の調節などがあげられます。
 これらの身体活動の調整を「交感神経」と「副交感神経」でバランスを取りながら行っています。

「交感神経」

 交感神経は主に「活動の神経」や「闘争か逃走の神経」ともいわれています。
昼間、身体を動かしたり、運動をするために活発になる神経です。
 そのため、主な働きでは、「血圧の上昇」「脈拍の上昇」「瞳孔を開く」などの働きがあります。
太古の昔、獲物を取る際(闘争)や、凶暴な動物から逃げる(逃走)ために、血流を良くし、身体のがスムーズに動くようにするための神経と考えていただけると、わかりやすいかと思います。
 しかし、「闘争か逃走」状態を思い浮かべるとわかると思いますが、かなりの緊張状態なのです。
交感神経が優位になることは、活発な活動時なので、ある程度優位であることは、身体の動きをスムーズにし、やる気を引き出してくれますが、この緊張状態が長く続いたり、強くなりすぎると後で話す「副交感神経」の働きを阻害してしまいます。

「副交感神経」

 「副交感神経」は、「リラックスの神経」などと言われ、主に夜寝るときに活発になる神経です。
その作用は大きく「睡眠」「消化」「免疫」などをつかさどっており、これらの活動を活発にすることで、身体の健康や回復の為に大きな役割を果たしています。
わかりやすい例をあげましょう。風邪をひいたときにみなさんは、どんなことをしますか?「薬を飲む」「医者へ行く」などあると思いますが、最終的には「寝る」だと思います。この「寝てる間」に身体は免疫力をあげ、身体に入ってきた異物を排除しようと働いてくれます。
 これが副交感神経の役割になります。睡眠するときに「血圧」や「脈拍」を下げ、より熟眠できるように作用していたりと、「交感神経」とは真逆の働きをしているのです。

「交感神経」と「副交感神経」のバランス

バランスが崩れるということは・・・

 「交感神経」と「副交感神経」については、簡単にお話ししましたが、その二つのバランスがとても重要になっていきます。
 イメージ的に陰陽のマークをイメージしてもらえるといいのですが、この二つがうまく成り立つには、しっかりとバランスが取れていることが重要になります。
 よく、食後に身体を動かすとお腹が痛くなる というのがありますが、これこそ正に「交感神経」と「副交感神経」の働きが相反しており、本来では消化の為に「副交感神経」が優位になり、消化器官へ血流を増進するのですが、「交感神経」の働きが強くなり、消化器官が正常に働くための血流が悪くなり、お腹が痛く感じるというものです。
 さて実際、バランスが崩れるとどうなるのでしょうか?
「交感神経」が優位すぎると

  • 寝つきが悪い
  • 寝ても疲れが取れない
  • 消化が悪く、お腹が痛くなりやすい
  • 風邪などの病気になりやすい
  • 常にイライラする、興奮状態

などが起こりやすくなります。
逆に「副交感神経」が優位すぎると

  • 昼間も眠気が覚めない
  • 日中になっても、やる気が起きない
  • 身体を動かすのがだるい

など、メンタル面にも影響が出てくるようになってしまいます。

バランスが崩れるのが「自律神経失調症」

 この「自律神経」である、「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れた状態を「自律神経失調症」と呼びます。
 具体的に何か原因があるというではなく、身体のバランスが崩れているせいで何かしらの不調が出ている状態のことを言います。
 先ほども軽く述べたように、身体のバランスが崩れるとココロ(メンタル)にも影響を及ぼしてしまい、「いつもイライラしている」や「日中やる気が起きない」といった状態も「自律神経失調症」といわれることもあります。

ココロとカラダの関係性については、こちらでもご紹介しております。
→「ココロとカラダはリンクしている」(アットコスメサロンへ飛びます。)

まとめ

 「自律神経」について、少しわかってきたでしょうか?
 「交感神経」と「副交感神経」のバランスのうえに成り立っているということがわかると、「自律神経」のバランスを整えていくことの大切さがわかると思います。
さらに各々の特性を理解していくことで、「自律神経」のバランスを整えることができてくると思います。見えないところで、何も言わず、身体の調節をしてくれている「自律神経」。
そして、身体の調子はココロの調子とリンクしています。身体を整えることで、やる気が出たり、しっかり休め、ココロ穏やかな生活が送れると思いませんか?
まずは、身体に日々ありがとうと感謝してみては、いかがでしょうか?