肩こり、首コリ、頭重感の元!?側頭筋について

今回は、「こめかみ」にある筋肉である、側頭筋について、少し深堀していきたいと思います。

「こめかみ」の由来でもある、「米を噛む」というお話は以前にさせていただきました。

この、米を噛むということからわかる通り、側頭筋は噛むための筋肉でもある、というところから、

食いしばっていると、疲労してくる筋なのです。

ではなぜ、食いしばりが起こるのか。

ストレートに答えを言いますと、

ストレス です!

ストレスの語源は、ストレッサー=圧力という意味です。

圧力に対して、人は我慢しようとします。

イメージしてください。「今からグーで殴るから、我慢してね!」と言われたら、どうしますか?

ぐっと力を入れ、食いしばってないですか?

これが、ストレスに耐えるということなのです。

現代社会において、ストレスを感じる=圧を感じる つまり、我慢しているということなのです。

そのため、側頭筋の疲労がたまると、こめかみあたりの頭痛(筋緊張性)等の身体の不調につながる場合もございます。

また、ストレスに耐える以外にこのこめかみに疲労が溜まる理由として、

「目を凝らす」

という動作がかかわってきます。

実際に目を凝らしてみてください。
目の横から、こめかみあたりに力が入っている感じがしませんか?

こういった所からも、こめかみ周辺の頭重感であったり、疲労がうかがえます。

そのこめかみ周辺から、側頭筋まで大きくケアしてもらうためにも、ご自身でセルフ小顔マッサージシャンプー編 等でケアしてあげれると、いいですね!

もちろん、人にやってもらうのが一番気持ち良いですが。。。(笑)

術者の私が言うので間違いないです(笑)

側頭筋のケアや、首肩の重さ、だるさ、つらさがある際には、ぜひるりからセンター南はり灸マッサージ院へおいでください!

一人一人の身体に合わせた、オーダーメードな施術でお待ちしております!