目の疲れ・眼精疲労

眼精疲労には大きく分けて二種類あります。
ここでは、眼精疲労の原因や症状等についてお話していきます。

目の構造

眼精疲労の原因をお教えする前に、目の基礎知識について、簡単にお話ししますね!
 目には大きく二つの作用によって、見えています。
 一つは、ピント調節機能。 これは言わばカメラのレンズの役割ですね!
このピント調節機能によって、ものに焦点を合わせ、ものの形を判別しています。
この時によく使うのが、毛様体やチン小帯、水晶体といった、レンズ部分です。
 もう一つ、明るさを認識する機能。これはカメラで言うと、絞りの役割ですね!

この明るさを認識するのに、瞳孔の開閉などが関係しています。

 そして、どちらも視神経という目の神経が関連しています。
この視神経は、見えたものを脳へ情報伝達をするのですが、神経ですので、栄養(血流)がよく来ないと、働きが悪くなってしまいます。

目の疲れ・眼精疲労の種類

ピント調節の疲労

 単純に、ピント調節機能が疲労してくると、ものが見えずらい、遠くが霞んで見える等してきます。
 また、視力低下もこのピント調節機能の低下が原因になっているケースが多々あります。
 一時期流行った、みるみる視力回復といった本なんかは、このピント調節機能をしている筋肉のトレーニングをしているといった感じになっています。

首コリ・肩こりから来る目の疲労

 もう一つ、目が疲れている状態が、首コリ・肩こりから来ている目の疲れです。
これは、先ほど少しお話しした、視神経への栄養(血流)不足によって、正常よりもパワーが発揮できない状態となってしまい、ものが見えにくくなったり、本来の明るさを認識することができない状態となってしまいます。
 この、首コリ・肩こりから来る目の疲れに関しては、のちのちもう少し詳しくご説明しますね!

疲れ目の原因

現代ならでは!ブルーライト

 ハイテク機器の発達とともに、便利な機器がたくさん増えてきましたね!
テレビをはじめとして、パソコンやスマホ、ポータブルのゲームに、タブレット端末など。。。
しかしそれらのディスプレイを見ることができるのは、画面が光っているから!
 そうその光こそ、ブルーライトという光です。
ブルーライトは、目で見ることのできる光(可視光線)の中で、一番波長が短く、強いエネルギー(紫外線に近いエネルギーです)を持っており、その強いエネルギーによって、網膜へダメージを与えてしまいます。

 長時間パソコンやスマホをしていると、遠くが霞んで見えたり、
目頭を押さえたくなるのは、このエネルギーによる圧力(ストレス)から自分自身を守ろうとしたり、ダメージを受けているからなんですね。

さらに疲れ目に追い打ち。通称スマホっ首

 先ほど、首コリ・肩こりから眼精疲労になるといったお話を少ししました!
 結論から言えば、首コリ・肩こりの状態になると、首から脳への血流(栄養)が行きにくくなり、機能が低下してしまうことが起きます。(お腹がすいて、力が出ない現象が頭のほうでも起きていると想像してみてくだいね!)
肩こり
の時にも紹介しましたが、頭は体重の10%(50㎏の方で約5㎏)もあり、それを支える首から肩の筋肉は大幅に疲労してしまいます。
 すると、筋肉内外の血流が悪くなり、結果視神経への血流も悪くなり、明るさを本来よりも取り込むことができなくなったりものがぼやけて見えたりします。
 スマホっ首では、特に疲労をかけていることがあります!
今一度、ご自身のスマホを見るときの姿勢に気を付けてみてくださいね!

眼精疲労は、ここにも影響が!

 目が疲れてくると、特に多くなる動作が「目を凝らす」ではないでしょうか?
この「目を凝らす」実は、頭の筋肉(側頭筋や前頭筋)や目の周りの筋肉(眼輪筋や皺眉筋)といった筋肉も使っています。
 つまりあまり目の疲労を放置していると・・・・
・側頭筋、前頭筋の疲労による、頭痛、頭重感
・眼輪筋や皺眉筋の疲労による、額や眉毛の間、目の周りのしわの形成
などのリスクがかなり高くなってきてしまいます。
 かりに、今大袈裟に「目を凝らす」動作をしてみて、どの部位に力が入っているか確かめてみてください!あなたのその部分に疲労が溜まりやすくなっています。

目の疲れへのセルフケアはこことここ!

 さて、ここまでお話ししたことを踏まえて、セルフケアについて、ご説明しますね!
目の疲れに対するセルフケアは、
目の周囲
頭と首の付け根の部分
この二か所をケアしてあげることが、大切になります!
 簡単なのは、この二か所を温めること!アイマスクの暖かくなるタイプや、レンジでチンした暖かいタオルを目の部分、そして頭と首の付け根の部分にあてたりしてあげてください! 
 さらに首回りのストレッチや、セルフマッサージも有効ですね!
 ただし、目の周りのセルフマッサージは、あまりお勧めできません。。。
というのも、目というのはとてもデリケートな部分となっており、傷つけてしまう恐れもあります。
もし目の周りのマッサージをしたい方は、目の周りの骨の部分を指先で押す程度がちょうどよいと思います!
 また、肩首のストレッチやセルフケアは、@コスメサロンのるりからページのブログ部分でもご紹介していますので、そちらもご覧ください!


@コスメサロン るりからページ

目の疲れだけでないかもしれません。

 あなたの目の疲れ、実は目だけでないかもしれません
つらつらとお話しした通り、首コリや肩こり、頭のこめかみの部分などにも知らず知らずのうちに、疲労が溜まっているかもしれません。
そういった、隠れ疲労まで、しっかりと取りたい!という方は、ぜひるりからへお越しください!
当院のはり灸整体では、首肩はもちろん、頭までしっかりと施術していくことで、目の疲れだけでなく、肩こり、首コリ、頭痛や頭重感まで、しっかりすっきりとさせていきます!
ご希望の方は、頭にも鍼を刺すことで、よりスッキリすることができます!
都筑区・センター南で肩こり・頭痛・腰痛・美容のお悩みはるりからへ「こんなにすっきりしたのは初めて!」
「頭をやってもらったことがなかったけど、気持ちいい!」
「世界って、こんなに明るかったんですね(笑)」等、
お褒めの言葉もいただいております!
口コミは@コスメサロン るりからページよりどうぞ!

眼精疲労におススメのコースはこちら!

都筑区・センター南で美容鍼・小顔・肩こり・腰痛・頭痛・目の疲れ・疲労回復に女性専門の鍼灸マッサージ院   都筑区・センター南で美容鍼・小顔・肩こり・腰痛・頭痛・目の疲れ・疲労回復に女性専門の鍼灸マッサージ院